東京 作品展にお伺いしました

私の師匠のお一人であるAtelier Papier 75 よこた圭子先生の「日常のカルトナージュ展」、

いつも魅力的な作品をインスタやご著書で拝見している根来雪絵先生の「ふんわりかわいいカルトナージュ」cocohouseカルトナージュ作品展、先週末に2つの作品展にお伺いしました。


よこた先生は今回はお一人展。毎日使いたいカルトナージュ作品とご著書に掲載されている作品など過去の作品を拝見することができました。素敵な作品でありつつ、日常を忘れないところがよこた先生の作品の素晴らしさだと思います。久しぶりに先生ともお話できて嬉しかったです。

会場のDo Progetto

根来先生の作品展は「ふんわりかわいいカルトナージュ」をテーマにした根来先生とcocohouse講師の方々の華やかな作品展。辺りが暗くなる時間帯にお伺いしたおかげか、根来先生からは直接作品についてのご説明をいただくことができました。ピーターラビットグッズを収納するためのハウス型ボックスは、好きを突き詰めながら妥協のないかたちに作り込んで、しかもふんわりかわいくまとめられた大作。どこもかしこも仕掛けがあって可愛くて楽しい作品でした。


そのほかはいつものように浅草橋や蔵前の金具や布屋さんを訪問しました。このエリアはお店をあらかじめ調べて、自分の買いたいものをリストアップしてから行く方がおすすめです。そこまでの気力や時間がない方には、銀座の伊東屋さんもおすすめですよ。布はありませんが、スキバルテックスやペーパーが揃っています。


布といえば今回は西荻窪まで足を延ばして、 blue de nimes さんにも行ってきました。カントリーキルトマーケットのスタッフさんが作られたお店で、生地のセレクションが可愛いので、気になっていたのです。このジャンルの布が好きな方には間違いのないお店だと思います。

お店の入り口。二階に上がります

用事と併せて、ちょこちょことお店を回ったり、おいしいもの食べたりしてきました。そのなかのひとつ五代目花山うどん。このビジュアルはどうしても誰か言いたくなりませんか? 群馬県のひもかわうどんという平たいおうどんなのですが、味もさることながら、この器がかわいくてかわいくて! 並ぶ可能性ありなので、こちらも下調べして。行ってみてくださいね。

エネルギーチャージできた東京旅でした。